2023年2月3日金曜日

令和四年 秋興帖 第四(岸本尚毅・神谷波・山本敏倖・ふけとしこ・小林かんな・小沢麻結)



岸本尚毅
盆過やぽんぽんと咲く秋の花
稲の花まみれの稲の匂ひかな
初あらし弁才天に蛇もつれ
広々として点々と桔梗かな
秋晴のただ明るくて駐車場
わが枝豆一つぶ飛んで失せにけり
秋の風雲はうごかず蝶とんで


神谷波
砂浜に珊瑚貝殻白い秋
いつか消える足跡秋の浜昼顔
 田中一村画
画布に閉じ込め鶏頭の充実
柚子百余顆採りて搾れば寒さ急
  

山本敏倖
丑三つの露地深くするきりぎりす
わたくしを編み込んでいる文化の日
音のない軍靴を連れて鰯雲
またしてもうしろの秋の蝶逃がす
鯖雲の色は即物的である


ふけとしこ
細やかな雨よ芙蓉の花が透け
萩は実に手摺の錆が袖口に
こんな日はきつと檀の実の爆ぜる
砧槌罅の中まで日のとどき
金色に蛹の透けて暮の秋


小林かんな
木を植えて木の実が落ちるここは駅
すすき葦いずれも屋根に戴く草
柿生って村人はみな芝居の座
道行へ口笛のとぶ鵙日和
ゆらり風秋蚕の夢でなら会える


小沢麻結
明日語る夜長カクテルはドリーム
タップする指先遠く星流れ
秋晴やビラ絶妙にちんどん屋

2023年1月20日金曜日

令和四年 秋興帖 第三(仙田洋子・大井恒行・辻村麻乃)



仙田洋子
雨の日のまだいとけなき蕎麦の花
はたはたを追ひてはたはた飛びにけり
稲塚に当てし背中のあたたかく
ふるさとの上がり框の冷やかに
新豆腐ゆふべの空を雲流れ
十三夜遊郭跡の細き路
秋の川水泡の上へ水泡浮き


大井恒行
生き残る罪のようなる暮の秋
死に憑ける秋意とならん桂の樹
泉番水澄み空澄み山河澄み
秋天のそと胸に吸う青き風


辻村麻乃
鷹渡る古き商家の福瓦
翳りては紅葉且つ散る書院窓
一心に句帳を覗く秋日傘
多羅葉に刻まれてゐる秋日差
ボーイスカウトに囲まるる駅冬隣
沼底に銅眠るらし龍の玉
椋鳥のげえるげえると鳴き交はす

2023年1月8日日曜日

令和四年 秋興帖 第二(杉山久子・小野裕三・松下カロ)



杉山久子
ニュース速報二度目は無音草に露
感染の向かうに揺れて葛の花
コンビニに無いもの零余子・鞭・無償


小野裕三
校長と教頭の距離花梨の実
身に入むや影のひとつは毛むくじゃら
菊人形展の看板運びけり


松下カロ
つばめ帰るゆれる電線空へ置き
泣きながら国境をゆく鰯雲
コスモスの逆手を誘ふ少女たち

2022年12月23日金曜日

令和四年 夏興帖 第十/令和四年 秋興帖 第一(筑紫磐井・浅沼 璞・のどか・関根誠子)



筑紫磐井
蚊帳釣りしラジオの時代ありしかな
バルサンに一家離散の夏来る
浪花節流れて夕立後の夕餉


【秋興帖】
浅沼 璞
汗マスク盆栽ブライアン・イーノ
抗菌の回転のドア遠くなる
新走り手長足長マスクして
印相にウイルスふやし給ふかな
 ――義父コロナにて身罷る(短連句)
留守テルの秋うらゝかに消ゆと云ふ
 三日月の端こぼす灰寄せ


のどか
秋へログインハートの雲のQR
「サクマ式ドロップ」の缶木の実鳴る
「ポトフ」とのメモのある鍋夜食とる
ぶだう酒や「メインディッシュは山鴫」と
山頭火忌の人恋ひしさや破れ障子
山頭火忌や美姫の声聞く歓楽街
山頭火忌一合の酒尽きにけり
   

関根誠子
盆用意まずベランダを丸く掃き
香具師ら去り蒼ずむ杜の夜空かな
扇風機も秋墨色の風流し
たこ焼酒場に昼のにぎわひ狗尾草
山粧ふ牛に生まれし破戒僧

2022年12月16日金曜日

令和四年 夏興帖 第九(依光正樹・依光陽子・佐藤りえ)



依光正樹
いまはもう眺めるだけの夏の海
汗かいて夏の夕の靴磨き
川晴れてしばらく梅雨を忘れたる
卓袱台のライスカレーや戻梅雨


依光陽子
雨待てば草かげろふの卵揺れ
るりぼしかみきりこの棘はやさしき棘
一歩入れば楳図かずおがゐて涼し
また一人夏の日暮を置きに来る


佐藤りえ
前脚を虹に踏まれてゐたりけり
プランタン銀座夏行くトッカータ
傀儡派守旧派のり弁に黒揚羽

2022年12月9日金曜日

令和四年 夏興帖 第八(渡邉美保・前北かおる・下坂速穂・岬光世)



渡邉美保
炎天の眉ととのへてゐる少年
蘭鋳の痣うつくしく向きを変へ
ガガンボのわが白髪に紛れをり


前北かおる(夏潮)
星条旗蟬の脱殻つけてあり
かをること忘れて薔薇炎天下
噴水をバスが一周してゆきぬ


下坂速穂
一礼の涼しき人が指南役
十年は長し短し更衣
地下街に騒と閑ある熱帯夜
過去世を掌の忘れざる冷し酒


岬光世
青薔薇の蕊を閉ざして咲きにける
白日傘思ひのたがふ人と居て
宝石の名の湖や籐寝椅子

2022年12月2日金曜日

令和四年 夏興帖 第七(林雅樹・花尻万博・水岩 瞳・眞矢ひろみ・竹岡一郎)



林雅樹(澤)
アロハシャツ買ふしまむらの安売に
夏草の茂り売地の札も隠れ
海水浴にはしやぐ心中前の家族


花尻万博
鉄屑に鉄屑商に西日照る
蜘蛛垂らす咎か海より深き沼
猫の目よプールの形の子どもらよ
父母をみな汲みつくす昼蛍
寂しがり屋西瓜の皮をすぐ流し
人寄せる仏八方草いきれ


水岩 瞳
黄帽子の集団渡る川薄暑
黒日傘黒薔薇抱いて焉んぞ
聖五月そびら伸ばして母のこと
巻き戻す身投げ映像沖縄忌
煮て焼いて蒸してレンジの夏料理
幽霊よりやはり人間恐ろしき


眞矢ひろみ
燐寸擦れば七色灯る道をしえ
空蝉に小石を入れて巫女が吹く
大夕焼万象膨らむ気配かな


竹岡一郎
青年頑な怨府の梅雨を艮へ
蛸焼が絶縁状をまろび灼く
喝采に執して喜雨を渇くとは
誘蛾灯声無き嗤ひ照らしをり
蔑しつつ怒りつつ饐え崩えゆくか
忘恩を熱砂の城に憐れむな
見殺しの我が眼ひらくを夕焼染む