2019年1月18日金曜日

平成三十年 冬興帖 第二(岸本尚毅・神谷波・松下カロ・飯田冬眞)



岸本尚毅
ばらばらに行く時雨雲しぐれつつ
短日や欠伸の如きムンクの絵
冬の雲なべて大きくこの庭に
経を読み孔雀を飼へる冬の山
冬蠅の身幅広くて石平ら
冬の川映れるものに夜が来て
くちばしの見えぬ向きなる寒鴉


神谷 波
コスモスの枯れて竜巻注意報
さざんくわの散るやところにより豪雨
石段を影が勇んで小春日和
水鳥の寄り添つてゐる日暮かな
寒夕焼エプロンの紐きつちりと


松下カロ
ふりむけばふりむいてをり白鳥も
白鳥へ雪 つれないといふ言葉
群れて争ふ 最果ての白鳥も


飯田冬眞
着ぶくれやぶつかつて来る夜の色
山茶花の戻れぬ白さ変声期
胸中の獅子飼ひ馴らし寒オリオン
切株の衛星として冬たんぽぽ
卵黄をつるりと飲んで一茶の忌
蒼ざめし馬は枯野の眼となりぬ
渡来仏湯ざめしさうな背中して

2019年1月11日金曜日

平成三十年 冬興帖 第一(池田澄子・曾根 毅・山本敏倖・仙田洋子)



池田澄子
こがらしのときおり渡り夜の青空
拭くまえの眼鏡に寒く息を吐く
黄粉餅悪い夢見の後引きぬ
ポインセチアあの人むかし若かった
愛を注ぐとは葉を全て落とす蔦


曾根 毅
数え日の大鷲にして穀潰し
家族葬から白みゆく霜柱
青く固し蜜柑の尻に指を入れ


山本敏倖
絶壁の活断層に冬の蝶
白亜紀へ階降りて冬眠す
初霜やまだら模様の仮面劇
御柱の樹齢を洗う寒月光
燻製の甲骨文字に冬籠る


仙田洋子
熊手市混みて社のこぢんまり
熊手売る侘しき裏を見せず売る
大熊手店の裏にもびつしりと
消防車しづかに去つてゆきにけり
落葉道ひろびろとあることのよき
羽子板にふれず羽子板市を去る
羽子板市点る一夜の夢のごと

2018年12月28日金曜日

平成三十年 秋興帖 第十(五島高資・青木百舌鳥・池田澄子・真矢ひろみ・井口時男・筑紫磐井)



五島高資
未完なる防潮堤や蚯蚓鳴く
登高や研修医指導研修会
日は海に面影の立つ出水かな
爪先にふれる水面や紅葉狩
石を積む月の光となりにけり


青木百舌鳥
ががいももあざみも絮の輝かし
秋灯の光背を負ひ陰を負ひ
寺町や寺にありたる紅の菊


池田澄子
古ぶなり風の花野のベンチと我
あの人に触れし風なれ十三夜
秋風や嗚呼とゆるんでゆく眉根
月天心さびしいひとよ落ちてくるな
濁り酒ゆすり未だに干さぬ奴


真矢ひろみ
黄落を川面に映し此岸とす
暁闇の漆紅葉の高貴かな
更けるほど天心ずらす紅葉径
ただ狂へ白膠木紅葉の囃しをり
影もたぬ帚木紅葉ありにけり


井口時男
道化の秋
道化師のはらわたよぢれ柘榴裂け
月に笑ふピエロ0(ゼロ)を累乗し
天高くアルレッキーノの宙返り
台風の眼に与太郎が舞ひ踊る
紅葉狩往きて還らぬ太郎冠者
月青く猪突の騎士に憂ひあり
秋風や王の道化の綱渡り


筑紫磐井
水と日の沸る露をく兜太の里
盆さまざまこの世に生れぬ魂も
  幸彦・義幸
十月の忌日重ねて我ら老ゆ

2018年12月21日金曜日

平成三十年 秋興帖 第九(小沢麻結・西村麒麟・大関のどか・水岩瞳)



小沢麻結
爽やかや火を吹きさうなビーフカレー
マスカット買ふ築地市場最終日
少しなら平気秋刀魚の腸旨し


西村麒麟
秋風を見てゐるやうな魚の目
くるくると回りて弱し草相撲
多摩川で火を焚いてゐるハロウィーン


大関のどか
ナイトサファリの犀犇めくや稲光
乗り出して口で迎える新走
柘榴割れ奇人の愛の真つしぐら


水岩瞳
湖の掬へぬあをさ蛇笏の忌
追伸へ深く秋思のまぎれ込む
秋灯下古典にはずれなかりけり
藁塚の背負つていたる落暉かな
道半ばされど我継ぐ秋の空

2018年12月14日金曜日

平成三十年 秋興帖 第八(依光正樹・依光陽子・浅沼 璞・佐藤りえ)



依光正樹(「クンツァイト」主宰)
川澄むと町に木賊を刈り収め
蜆蝶止まつて花になりたるか
川の近くに草が生え菊日和
よく晴れて綿取る日和あとわづか


依光陽子(「クンツァイト」)
秋扇を取り出だしたる径かな
澄む秋の胡桃の真下までは行く
残る虫ほどの荒びも松になし
いつも何か弾けて冬はすぐそこに


浅沼 璞
秋霖をふり返りたり鬼の面
樋傾ぐざざと濁れる野分晴
甘食のてつぺんかける野分後
キスチョコのつかみどころもなき秋思
胸焼けのソファーに沈む昼の虫
さんま三つ四つにきられて胴長よ
気をつけの姿勢つかのま天高し


佐藤りえ
秋冷のコットンシャツのくたくたに
バイト来て畳んでおりぬ海の家
台風来むねにラジオをつけさせて
狛犬の犬居にたふれゐたりけり

2018年12月7日金曜日

平成三十年 秋興帖 第七(飯田冬眞・望月士郎・中村猛虎・下坂速穂・岬光世)



飯田冬眞
眉寄せて銭の穴みる星月夜
鮭小屋の遠き海鳴り賽を振る
殉教の火を知る島の踊唄
むらさきは放浪の色葛の花
指回すとんぼの首の落つるまで
いつまでも指を折る癖鶏頭花
死ぬときは奥歯噛みしめ富有柿


望月士郎
投函の小鳥の名前をもう一度
忘却の日時計として案山子立つ
萩こぼれ文学館に死後の私語
銀漢や少女回転体となる
爪を切る音して月光のトルソー
秋思四角ときおり月の内接す
林檎剥くしずかに南回帰線


中村猛虎
棺桶の小窓の中の鰯雲
右利きの案山子が圧倒的多数
省略の効き過ぎている秋の水
桃を剥く背中にたくさんの釦
月天心胎児は逆さまに眠る
三合を過ぎて秋思の丸くなる
秋燕やシャッター商店街にTENGA


下坂速穂(「クンツァイト」「秀」)
水澄みて亡くしたる鳥数知れず
どの色も揃へし羽の花野かな
舟と舟さ揺らぐ後の更衣


岬光世(「クンツァイト」「翡翠」)
大鈴の古び小鈴のまろぶ秋
剃髪のこころや白き曼殊沙華
秋の木を降りて賢き雀かな

2018年11月30日金曜日

平成三十年 秋興帖 第六(北川美美・花尻万博・神谷 波・家登みろく)



北川美美
地球儀を回す占い天の川
天の川はるか遠くの破裂音
舟底に当たる星屑天の川


花尻万博
猟犬を煙に包む拍子かな
コスモスの喜びは固まつてこそ
新米の音にプログレあはれなり
木の国や飯屋飯屋に山紅葉
驚きの次々緩む鰯かな
木枯しと不意の電話繋がつてゐる


神谷 波
蛇のしばし息んでゐる花野
ハート形顔の土偶よこんにちは
台風一過元気にアサギマダラ
秋麗のアサギマダラをひとりじめ


家登みろく
コスモスやてんでに揺れて総揺れに
猫ごとに違ふ鈴の音秋澄めり
もろこしの粒のじぐざぐ輝ける
月さやか誰とも会はぬ一日に
昭和の熱平成の寒気草の花