2018年10月19日金曜日

平成三十年 夏興帖 第十(望月士郎・五島高資・佐藤りえ・筑紫磐井)



望月士郎
蛍をつまむ指先から弥勒
棺を運ぶ内の一人は蟹を見る
金銭感覚サボテンの花咲いた
空蝉をつまむ異郷につままれる
死後のこと背泳で見た昼の月
描かれてヨットは白い過去となる
写真みなやさしい死体砂日傘


五島高資
岩肌の流れ出してや夏の蝶
年輪に墓碑に出水の刻まるる
滝壺に掬ひて仰ぐ朝日かな
河と川出会ひて滾つ青楓
日は海に面影の立つ出水かな


佐藤りえ
飴ちやんが貰へる賽の河原なら
欲望に服を着せても透けてゐる
膃肭臍蛸擲てる土用波
一艘の小舟を待ちて一輪廻
三姉妹仲良いこともメモつとこ


筑紫磐井
雷鳴豪雨おほへる楷の大樹かな
三越や昔ありにし花氷
七時より開演夏のスタアたち

2018年10月12日金曜日

平成三十年 夏興帖 第九(中村猛虎・仲寒蟬・ふけとしこ・水岩瞳・花尻万博)



中村猛虎
子宮摘出かざぐるまは回らない
星涼し臓器は左右非対称
ビックバン宇宙が紫陽花だった頃
初盆や萬年筆の重くなる
早逝の残像として熱帯魚
亡き人の香水廃番となりぬ
古団扇定年の日のふぐり垂れ


仲寒蟬
立てばすぐ谷底見えて簟
えごの花体育館に風通す
払つても払つてもまた火取虫
一本の滝白雲をつらぬきぬ
滴りに押され滴り落ちにけり
不審車に不審者が乗る日の盛
柘榴咲く多産の村の洗濯場


ふけとしこ
飛石へ足置くときを糸とんぼ
水亭に人影白きさるすべり
夏の月くさかんむりを戦がせて


水岩瞳
八月や残したものは絵一枚
風死せり絵筆の声を今に聴く
涼風のオール沖縄のこころかな
ただ灼けて有刺鉄線続きをり
忘れたらかはいさうやさ夏の丘


花尻万博
木の国やどの青蔦も町を出て
さよならの縁(えにし)集まる茂かな
すすり泣くくちなはとして頂きぬ
一等星届かぬ距離の海月なり
街眩し少女らは立葵ほど
青簾水消ゆるまで揺れるかな

2018年10月5日金曜日

平成三十年 夏興帖 第八(小沢麻結・椿屋実梛・林雅樹・池田澄子・浅沼 璞)



小沢麻結
鰻重待つ仕事鞄を傍らに
南風微睡みてなほ日は高き
三四郎こゝろ読み継ぐ日焼して


椿屋実梛
座禅後の脚のしびれやばつたんこ
十薬はいつも寂びたる闇背負ふ
要請が扇をひらき合歓の花
陰に咲き夕日のちから花岩菲


林雅樹(澤)
空蝉を集めてひとり遊びかな
窓枠を担ひ人行く西日中
江戸つ子の意気ぞ蚯蚓の踊り食ひ
啄木忌書庫の机の灯せる
新緑の樹海に入りて戻らざる


池田澄子
暑し「硫黄島」をGoogleで検索中
風鈴の窓や開けたり細めたり
水饅頭亡き先生を自慢して
幸せそう苧殻の中に居る煙
寝たあとの耳を慕いてアナタは蚊


浅沼 璞
畳の目こすりこすりて青大将
寝返りのSの字蛇とふれてゐる
雑草の蛇をすすつてゐるところ

2018年9月28日金曜日

平成三十年 夏興帖 第七(木村オサム・のどか・真矢ひろみ・前北かおる・堀本 吟)



木村オサム
夏帽を振りて夏帽呼びにけり
    日盛りやブロンズ像の乳の張り
子どもより木登り巧し夏休み
次の世へ生まれそこねて海月浮く
夏痩せの男全員島流し


のどか
アスファルトに燃え尽きてゆく終の蟬
懐妊の土偶色づきそむる桃
色つきの夢消えかけて西瓜食む
歳月の翡翠色なる羽化の蟬
反骨の捩れ重ねてたうがらし


真矢ひろみ
夜濯ぐアラフォー単孤無頼たる
白玉の歪み好きなる不惑かな
逃げきって間のおきどころ夕端居
尿の切れ良くて深山に象がゐる
夏帽は深し繊毛縛しけり


前北かおる(夏潮)
似合ふ気がしてきて髪にプルメリア
日盛や首長竜が椰子になり
踊唄ひくし瓢を打ち鳴らす
祝詞あげフラ奉る合歓の花
花合歓や夜空の下のレストラン
ジャグジーにホームシックの夜の秋
虹の島傘をひらけば雨あがり


堀本 吟
友来たりその友も来て汗まみれ
有刺鉄線灼ける理想の一捻り
冷麦や君たち品を培えよ

2018年9月21日金曜日

平成三十年 夏興帖 第六(下坂速穂・岬光世・依光正樹・依光陽子・渕上信子)



下坂速穂(「クンツァイト」「秀」)
箱庭に水の音憑く夕かな
本の中に栞の痕や夏館
あふられて白し日傘もその人も


岬光世(「クンツァイト」「翡翠」)
かき氷運ぶ両手や指立てて
炎天の雀と跳ねて清め水
夏蝶や人形供養ふぐ供養


依光正樹 (「クンツァイト」主宰)
売本の見本を置きし日除かな
日覆や窓に緑の湧くごとく
寺町を行きては戻り日傘かな
大ぶりにしてあをあをと汗拭


依光陽子(「クンツァイト」)
白百合の老女はしやいでゐて眠る
むかしから住んで木の枝払ひけり
唖蟬も鳥声を聴きゐたりしか
作り雨降り始めてふ音のまま


渕上信子
歯ブラシ銜へ薔薇ボンジュール
ドレスアップのアッパッパめく
蚊を打たせれば空振ばかり
恩師を憶ふ尾花のうなぎ
鬼灯のはな白くあたらし
星開く夜の蟬のあふむけ
敗戦忌とは我が解放日

2018年9月14日金曜日

平成三十年 夏興帖 第五(青木百舌鳥・早瀬恵子・坂間恒子・近江文代・北川美美)



青木百舌鳥(夏潮)
夏木立右へ左へフリスビー
軽鴨の潜りては背に水わたす
三ツ編が似合ひほほづき市の婆
すくひたる手鉢の金魚かたよれり


早瀬恵子
体内の水の八月痺れおり
武骨なる江戸前金魚のべべ着たり
ややごとにレース模様の乳房の間(ま)
己様の滝のステージ昇り竜


坂間恒子
産廃の天辺で啼く夏の雉子
夏の月白樺の幹手首ほど
柿田川デュシャンの便器投げ込みぬ


近江文代
ママ歌いたいのソーダ水くるくる
梅雨寒の豚肉縛られて沈む
片方の耳出している初浴衣
ポリープの数を夏蝶来ていると
喜んで両手差し出す夏の川


北川美美
野口五郎岳隠してゐたる雲の峰
苔茂る室生犀星旧居糸雨
片蔭の途切れ山口澄子死す

2018年9月7日金曜日

平成三十年 夏興帖 第四(加藤知子・夏木久・飯田冬眞・田中葉月・渡邊美保)



加藤知子(「We」「豈」「連衆」)
金魚また死ぬ時計逆まわり
上下する死刑執行日の花火
しばらくは腰のあたりの百合花粉


夏木久
空蝉のやうなその影灯を点し
ホームラン叫ぶラジオや敗戦忌
確執の晩夏輪護謨で束ね放置
土砂降りを営業中です酒屋「虹」
八月や昭和の電話鳴り止まず
にくづきの悪き月齢の臓器移植
黒板の余白へ永久に灰の降る


飯田冬眞
豆腐屋の三和土( たたき )がらんと夏の雲
トマト熟る転勤族の黒き目に
残り香の微かな痛み遠き雷
六道の辻にたたずむ毛虫かな
念力の少年スプーン曲げし夏
ひたひたとデンデラ野より夜盗虫
水を汲む骨を抜かれし浴衣着て


田中葉月
夏の山二十歳のバス停塗りかへる
洪水やいまだ造花の咲きしまま
病葉にのこるくれなゐくるりくら
青柿や雲に聞いたか聞こへたか
生きてゐるただそれだけの螢


渡邊美保
明易の蟇掛け軸に戻りたる
かたつむり琵琶湖一周してきたる
黙々と塩振る男南風
西瓜食ぶ幽霊の役引き受けて