2018年6月15日金曜日

平成三十年 春興帖 第九(網野月を・水岩 瞳・青木百舌鳥・佐藤りえ・筑紫磐井)



網野月を
雪という娘がいて春の日を迎う
ぶらんこに坐す老残の目の濡れて
料亭の昼行灯や春告鳥
目借時拾ってしまう捨て台詞
平成に最後の昭和の日なるか
尾を右へ振れば右向く稚鮎かな
リビングに自分空間こどもの日


水岩 瞳
テスト終はつたあ!イェ~イ立春
不合格合格なべて春疾風
文集に君の文字なく卒業す
無人駅春天に日も月もゐて
コンクリの溝はいつしか花筏


青木百舌鳥(夏潮)
はやり目に罹りをれるも花の後
樹々若葉してきらきらと名を得たる
ながらみといかものぐひの目が合ひぬ
虻に生れ蠅に生れて並び居る


佐藤りえ
仮想敵打ち据ゑ猫の仔の停止
ポンヌフは新しい橋鳥曇
檻に春来て唐獅子の眞居眠り
遅桜御息所をねむらせよ


筑紫磐井
割れるまで蝌蚪の大団円の塊
山独活の般若波羅蜜より苦し
春疾風煙の上がる国境
保守党が負けても村はうららかに
友情を引きかへにして恋うらら
卒業式みな親指のよく動く

2018年6月8日金曜日

平成三十年 春興帖 第八(岸本尚毅・辻村麻乃・山本敏倖・加藤知子・下坂速穂・岬光世・依光正樹・依光陽子)



岸本尚毅
春寒やあたたかさうに花屋あり
お彼岸のお稲荷様や人遊ぶ
墓の辺や藤ははげしく虫を寄せ
毛深くて蜂と思へぬつらがまえ
やどかりや絶壁に汝死ぬなかれ
母と子と春の日暮の砂あそび
衣笠にすこし涙やチユーリツプ


辻村麻乃
シャッターを押せば鶯鳴きにけり
初鳴きや父の奥津城ふんはりす
わたくしを休業したる春の風邪
赤き眼に包囲されゐて花万朶
風光る大黒様の腹の皺
村中の鯉のぼり今飛ばんとす
戻り橋手招きしてゐる花蘇芳


山本敏倖(豈・山河)
囀りや古いからくり時計ぱろ
パッカーションお国訛りの木の芽かな
奥へ奥へ麒麟の影を曳く霞
麦踏んで大地の神を目覚めさす
オートロックする単線の逃げ水


加藤知子
水仙の水は古地図に浸み渡り
チューリップのチューの相手は機密保護
木瓜咲くや尊きものは死んでいく


下坂速穂(「クンツァイト」「秀」)
ひらきたる窓の上に窓鳥帰る
風光る水底に棲むものたちへ
うつくしき日本の旗と甘茶仏


岬光世(「クンツァイト」「翡翠」)
粗忽なる膝かしこまる桜餅
流れありときに蛙のこゑとして
堆き三十年や春の坂


依光正樹(「クンツァイト」主宰)
たんぽぽの中に私が咲いてゐる
春灯や館を守る紺絣
妓をやめて店を持ちたる花蘇芳
春の海に面テ上げたる女かな


依光陽子(「クンツァイト」)
風光る空貝より汐溢れ
掌に乾ける貝や鳥ぐもり
鼓草踏んでか黒きかもめかな
黄の花と蝶をちりばめ野となりぬ

2018年6月1日金曜日

平成三十年 春興帖 第七(近江文代・渕上信子・花尻万博・浅沼 璞・五島高資)



近江文代
くちびるを薄くレタスを裂いている
遠く来て磯巾着の縞模様
遺影とは三色菫咲くところ
片方の足組んでいる藤の昼
発音の途中浅蜊の口開く


渕上信子
連翹よりも山吹の濃し
百千鳥花殻摘に倦み
花過の月細りゆく日々
もやしの髭根とる夫に蝶
昭和の日安楽死の話
夕ひばり黒点となるまで
春をかなしむ家持のごと


花尻万博
桜貝いちいち波に応へ照る
浸す足持たぬ仏に水温む
何もかも子らに任せる桜烏賊
牛の声鬼の声草摘みにけり
花疲見ている沖の光かな


浅沼璞
時の門ぬければ石だたみ芽吹く
実朝の石の烏帽子の風光る
看板に春雨 東京流れ者


五島高資
沈みたる島と繋がる磯焚火
永日や手のひらに手のひらを置く
方丈の岩屋に空や雪解水
雛の間や川は夕べへ流れけり
右大臣の烏帽子を直す雛の朝
蹲へば雲母さざめく正御影供

2018年5月25日金曜日

平成三十年 春興帖 第六(木村オサム・渡邉美保・内村恭子・真矢ひろみ・前北かおる)



木村オサム
三猿のでんぐり返る春の泥
形代を透かして見やる春日かな
家政婦がとある女雛に耳打ちす
夜桜やパジャマのままでコンビニへ
真夜中に遇ふ三匹の孕み猫


渡邉美保
花曇うつぼかづらを吊り怠惰
うつぼかづらに誘われてゐる花の昼
臨界とは浦島草の裏表


内村恭子
応接間いつもひんやり風光る
春浅しレースのカバー長椅子に
アップライトピアノに少し春の塵
春宵の硝子の煙草盆光り
朧夜や百科事典の並ぶ棚


真矢ひろみ
空豆を炒る素粒子にスピンあり
落花止まず翳らしきもの魂らしき
副作用とは青饅の舌ざわり
シャボン玉短詩はアイデア勝負なの
春灯ちゃぶ台返しを躊躇わず


前北かおる(夏潮)
囀や目覚めの遅き木を仰ぎ
はすつぱにつつじの花のひらきけり
桜餅みやげ話を朗らかに

2018年5月18日金曜日

平成三十年 春興帖 第五(林雅樹・ふけとしこ・小沢麻結・飯田冬眞 )



林雅樹
飛び降りて涅槃で待つや沖雅也
春浅し塩素の匂ひしてキッチン
雛の間に翁媼と来て交る
踏青や俳人どもは屁で会話
臓物のバケツに光る日永かな


ふけとしこ
草の芽や大道芸の輪の飛んで
ベーコンとマッシュルームと春愁と
保養所といふも廃墟に松の芯


小沢麻結
春立つや林道へギア切り換へて
ぶらんこを離れぶらんこもう忘れ
チューリップ心開くにまだ少し


飯田冬眞
末黒野や風のかたちに焼け残る
焼野原大股で逝く兜太かな
去る者は去りささやかな土筆かな
振り向けば影のほかなき遅日かな
春雷や神の戻らぬ井戸を掘る

2018年5月11日金曜日

平成三十年 春興帖 第四(堀本吟・小林かんな・神谷波・望月士郎)



堀本吟
  * 猫が来た
新入りはあいさつ知らん猫柳
らんぼうに猫をあつかうクローバー
ゆったりと芥に従いて花筏
  * 下界の事情
忖度をいっぱい埋めてお安い御用
荒れもようたまらんたまらんぺんぺん草


小林かんな
蛸地蔵駅が最寄や花の城
築城の謂れは知らず花筏
歴代の具足六体陽炎る
甲冑の着用図解昼の虻
会場費にがっちょ合算風光る


神谷波
名を知らぬ人と話の弾む春
エイプリルフールの空の瑞々し
あの人もこの人もマスク西行忌


望月士郎
海市消え寄せては返す哺乳瓶
病棟に夜の触角さくらざい
老人に初めてなってみて栄螺
弟のような妻いて春の鼻
霾るや手相に知らない町の地図
春の虹コップを重ねたら斜塔
旅は風音ときおり蝶のかすり傷

2018年5月4日金曜日

平成三十年 春興帖 第三(仲寒蟬・曾根毅・夏木久・坂間恒子)



仲寒蟬
海市にまだランプ磨きといふ仕事
かの世まで川向かうまで花菜畑
妻とちがふ時間を生きて朝寝かな
鶯餅やつぱり膝を汚しけり
鳥雲に入るや知恵の輪外れたる
春月や今産まれたるごとく島
結婚指輪抜けなくなりぬ春の風邪


曾根 毅
飛花落花抜けて眼鏡のつる固し
寄居虫の見えなくなりし男根期
出囃子のひとりは霞かも知れず


夏木久
観劇や間隙へ花迷ひ込み
鼻かめば話外され花ふぶく
鳥のゐる部屋を叩けり魚の貌
設計図の2階の部屋より花水木
灯は消せど出るに出られず今日の部屋
りんかくをしみじみけせるしじみじる
そこそこに底に響けるさようなら


坂間恒子
花冷えの二十四階からおりる
白蝶の壊れつつくる真正面
ひとひらのさくら冷たき捨て鏡
揚げ雲雀花束川に捨ててある
転生の夏鹿眼そらしけり