2021年9月17日金曜日

令和三年 夏興帖 第一(なつはづき・堀本吟・飯田冬眞・青木百舌鳥・杉山久子)



なつはづき
あの言葉この言葉夏野から持ち帰る
辰雄忌や驢馬柔らかく風にいる
カタカナが舌にもつれて梅雨寒し
夕虹や心が透けそうなドレス
炎帝がみっしり席を埋め五輪
裸足から幼さ消える片思い
のうぜんか会釈のように日差し揺れ


堀本吟
長い触手がゆるゆる水母水くさし
炎天のマスク脱ぐまいエチケット
歩道橋犬とマスクをして夫人
朝顔や水道工事の穴だらけ


飯田冬眞
憲法記念日池にはびこる外来種
修司の忌澤田和弥のいない夜
夏の星宿のタオルを首にかけ
語り継ぐ革命前夜ジャスミンよ
朝帰り月下美人を置き去りに


青木百舌鳥(夏潮)
花あふち木蔭に風を招じけり
バナナ撮る足を揃へて裸婦のやうに
畳まれて記憶小さし梅雨籠り
夏草の花ののんどを擦る葉も


杉山久子
蜘蛛黒く太りたる嵌め殺し窓
剽窃のしづかな蠅として集る
マスクよしっ滅菌シートよしっ晩夏

2021年9月10日金曜日

令和三年 花鳥篇 第十一(仲寒蟬・早瀬恵子・井口時男・佐藤りえ・筑紫磐井・のどか)



仲寒蟬
梅林に迷ひしことは伏せておく
鶯の森の明るさ湖よりす
三方に奇岩絶壁桃の村
草を編むネアンデルタール人の春愁
お若いですねと言つて筍をもらふ
しまはれぬ翅だらしなく兜虫
海月に聞けその海流のことならば


早瀬恵子
スノッブな風のごちそう花見鳥
花パワー天地返しの自粛の園
バロックはロックのオンかパンジー茶
而して母の金魚は喪の素振り


井口時男
春宵の「居酒屋馬酔木」灯りけり
逃水や王国いくつ亡びたる
遠富士へ言の葉若葉ちぎり行く
すひかづら日暮の母の足の裏
ルノワールの少女らにサァ薔薇の鞭


佐藤りえ
測るがに尾を振り回す春の牛
枇杷の実や蓋を組み合はせて遊ぶ
デスメタル聞かば聞けとし夜光虫


筑紫磐井
ドクホリディは死なず炎天なる決闘
助五郎(きょうかく)を葦原雀贔屓にす
  北川美美を思い出し
死んで十両生きて五両の洗鯉


のどか
白鳥座へ戻る交信時計草
素足の子ペディキュアでする自己主張
父の日の似顔絵に濃き鼻毛まで
木耳や百鬼夜行に遅れたる
勝鬨や木耳数多亡者めく

2021年9月3日金曜日

令和三年 花鳥篇 第十(下坂速穂・岬光世・依光正樹・依光陽子・網野月を)



下坂速穂
花の雨花の嵐となりつつあり
空にありし枝を集めて烏の巣
つつ立つてゐるは燕を見てゐたる
青葦や人は遠くへゆきたがり
   

岬光世
葉桜やバックハンドがまだ苦手
硝子戸の閑かに昏き杜鵑花かな
浜木綿の花もやもやと咲き初めて


依光正樹
春禽のよく鳴くこゑもおもてなし
鰻食うて旬の花々活けもして
日々のもの食うてうれしき夏料理
水草の花やあたりをうち鎮め


依光陽子
叢雨や砂を噛んだる野梅の根
うぐひすや色を少なく咲く庭に
かなしみの消し方茅花流しかな
ふりほどく光は夏のかもめかな


網野月を
記入漏れの生年月日若葉騒
ハンカチもリボンも黄色麦の秋
梅雨流すステンレス製すべり台
誕生日に満期の定期夏至る
白ワイン赤でもショーレ薄暑光
うかつにも女性専用車に雷火
欲張りな女神に捧ぐ火取虫

2021年8月27日金曜日

令和三年 花鳥篇 第九(なつはづき・竹岡一郎・堀本吟・飯田冬眞・青木百舌鳥・水岩 瞳)



なつはづき
青鬼を泣かせてしまうバレンタイン
春の雪触れたい唇を探す
末黒野の微かに匂う夜深し
寄居虫や手なずけられる闇ひとつ
シュレッダーごうごう桜散り始む
四月馬鹿腹話術師の長まつげ
寝袋の耳だけ冴えて遅桜


竹岡一郎
宇宙卵つつめる花もありぬべし
沈丁花ほとに薫らせ暴君たり
はるうれひ昭和硝子の星の紋
澄みゆけり虹煮る姉のひとりごと
有刺鉄線灼くる禁忌のペンチを手に
糸巻回る空蝉めくれ裏返る
ぐつちやぐちや麺麭とケーキと巴里祭


堀本吟
急坂をまろぶまさかの蟻地獄
紫陽花の路地の三方行き止まり
紫陽花は見知らぬ路地に核のごとし
密かにもあわき水母に刺されたり
白い蛾がどこかの星と戦争中


飯田冬眞
鰊空後ろの山に狐憑き
遥かなる千島樺太蜃気楼
山伏の影を離れず春の蝶
蝦夷の蚕屋熊の爪痕深々と
事故現場囀だけが残りたる
点滴の刻む祈りや春の虹


青木百舌鳥(夏潮)
何もない青空があり雉の声
猫うららうなじ搔くとき片目あき
クレソンは咲き小魚は跳ねつづけ
白玉やリビングにあるお仏壇


水岩 瞳
ポスト迄なれど浅黄の春ショール
あの時のわたし許せぬ飛花落花
朧夜や赤鉛筆の好きな○
大学のチャペルは涼し黙涼し
地下鉄のカーブの軋み手にダリア

2021年8月20日金曜日

令和三年 花鳥篇 第八(松下カロ・家登みろく・鷲津誠次)



松下カロ
アドバルーン山椒魚の見し夢は
十薬の葉か人形の心臓か
山椒魚夢より覚めて後ずさり


家登みろく
夫を待つ春の北斗の下に待つ
しあはせの輪郭確かおぼろ月
結末は春風に遣る花占
夫の駆るバイクの音よ麦の秋
五輪来るぬ東京タワーに夏の霧


鷲津誠次
囀りや検針員の忍び足
無人駅に父の下駄の音雨がえる
老施設となりし母校よ花は葉に
洗濯屋の蒸気たわわに夏うぐいす

2021年8月13日金曜日

令和三年 花鳥篇 第七(眞矢ひろみ・浅沼 璞・内村恭子)



眞矢ひろみ
全身を覆う看護師袋角
はくれんや白とは空で無ではない
蕗味噌の苦み男娼連れ歩く
ぶつ切りの蛸の総身を逆算す
柘榴咲く六は完全数だから


浅沼 璞
金蘭のあかるさ肉のまろやかさ
襖絵の龍の瞳やうすら繭
月涼し鸚鵡無言のまゝ飼はる
日や弓のしなりて海は夏の海
短夜のマウスピースは水の底
母の日は大陸父の日は列島
首浮かしゆく夏霧の向うがは


内村恭子
アクリル板だらけ金魚になつた気分
非接触電脳決済冷房裡
断捨離もし尽してをり走り梅雨
椅子に×(バツ)もしくは蓮の花の鉢
吊り革につかまる手なき薄暑かな

2021年8月6日金曜日

令和三年 花鳥篇 第六(林雅樹・前北かおる・小沢麻結)



林雅樹(澤)
桜散る世界残酷物語
緑道を夜通し歩く躑躅かな
新緑の樹海にずつと呼ばれてゐる


前北かおる(夏潮)
葉桜や昭和のままの西武バス
新緑の径に山門細身なる
万緑や雪国のごと屋根厚く


小沢麻結
春日傘引き寄す風と行きたがる
砂粒を払ひもう見ず春の海
青葉風興行中止の立札に